2014年08月15日

ランも水を飲みたい

猛暑が当たり前になった感がする昨今、
植物もグッタリといった感じです。

観葉植物やランのように、一年中葉がある
緑の植物は温度に比例して水を吸収します。

暑いときは水をほしがり、寒いときはじっとして水も吸いません。

30度を越すと、温帯植物は勢いが弱まり猛暑になると元気がなくなります。
三つの代謝機能、C3植物、C4植物、CAM植物 それぞれに違うところは
ありますが、多くはC3植物では18度から30度位が生育適温です。

ランの管理も、この温度域内で出来れば苦労しないのですが、
日本の夏だとこの温度域で管理するのは難しい。

そこで夕方、打ち水なんていいですね。
ヨシズの日除けもいいですね。

少なくとも夜温を下げ体力を回復させて、
昼間のダメージ回復のお手伝いをしましょう。

ここ甲州市は昨年有名になりましたが、
今年はまだ日本最高気温を記録していません。
32.3度で納まってほしいのが本音です。kochoran.jpg

posted by 蘭人 at 14:23| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: