2015年01月09日

迎春

冬はランの開花シーズン。いろいろなランが見られますね。

熱帯地方の高地に自生するランは雨季に生長、
乾季に開花と言う基本的な性質があります。
東南アジアの国の違いはありますが、
12月から5月頃が自生ラン開花の季節。
主に疎林で見られます。

日本の野生春蘭は、4月から5月にかけて
標高500mから800mにかけて緑の爽やかな花を咲かせます。
春蘭の花は慶事の花茶として振舞わられます。
掛け軸の水墨画、茶室に一鉢、坪庭の一株と和の美の凝縮と言える
文化を築いてきた先人には頭が下がる思いです。

これから各地の蘭展でシンビデュームの多様性に浸る季節。
向山蘭園の和蘭も3月末まで盛りになります。

掛け軸01 (2).jpg 掛け軸02 (2).jpg
posted by 蘭人 at 11:18| Comment(0) | 向山蘭園からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: