2015年09月11日

秋霖(しゅうりん)と蘭

今年は秋雨が早いですね。

なんと8月末から秋雨の兆候が表れ、9月第1週から秋雨前線という言葉が
使われようとは、思いもよらぬ足早な気象です。

このまま秋になるようだと、ランの株に影響が出ないかと心配になります。
秋霜烈日の刑を受けるような悪さをしたか、いい加減な志操破滅を繰り返したか、
我が足跡を思い返さずにはいられません。
 
いろいろ言っている時ではなく、ラン開花シーズンに笑顔を見せるには
ランへのダメージをいかに軽減するか考え、対策しなければなりません。

しかしまだ9月10月末までの1か月間に、より良い環境を与えることで、
花の数・サイズが違ってきます。
属、品種に合った管理を行いたいと思っています。

これから、彗星蘭、パフィオ、そしてシンビジウムと季節感のあるランが咲いてきます。
ランは多くの属があり多くの人の心を和ませ癒し、そして好奇心を満足させてくれる花。
来春が楽しみです。
オドント OR64.jpg
彗星蘭

1578.jpg
パフィオペディラム

シンビ_Cym_軽量 Aシリーズ AP986+2.jpg
シンビジウム
posted by 蘭人 at 10:01| 山梨 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもきれいな蘭の写真ですね
楽しみにしています
Posted by もなか at 2015年10月15日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック