2015年10月15日

シンビジウム 秋の花飛びと温度について

爽やかな秋晴れの日が続いていますね
日本の自然を満喫できる陽気と共に、シンビジウムの花も
これから私たちの心を満たしてくれる、心浮き立つ季節になりました。
シンビジウムのつぼみが伸びてきて花が咲くのを
心待ちにしている人も多いと思います。

しかし、人間にとって快適な秋晴れも、
シンビのつぼみにとっては、室内の温度が上がるのは
快適ではないのです

これからの季節、シンビジウムの花茎を健やかに伸ばす管理に
いくつか注意点があるのでご紹介いたします。

@シンビジウムは高温が苦手
 ◆花茎が伸びる最適な温度は12℃から20℃です。
 ◆許容範囲は5℃から25℃位ですが朝と夜の温度差は10℃以内がベスト。
 ◆例えば、朝の気温が最低8℃とすれば、昼は18℃位に高温域を抑えると良いでしょう。
  また、朝最低15℃とすれば昼は22℃位に高温域を抑えると良いでしょう。

Aシンビジウムは直射光線が苦手
 ◆50%位の遮光が程よい加減です。レースのカーテン越しの柔らかい光が良いでしょう。
 ◆ガラス越しの直射光線の先の間接光線位で充分です。
 ◆1日のうち、3〜4時間ほど間接光線が当たる方法でも良いでしょう。
 ◆ツボミに直射光線が当たり花粉の温度が上がると花粉が死んでしまいます。
  すると蕾が黄色くなって落ちてしまうか、又は花茎そのものが伸びる途中で枯れることがあります。

Bシンビジウムは蒸れる室内を嫌う
 ◆蕾がある鉢を置いてある場所や室内がムッとした感じ、即ち蒸れる環境を嫌います。
  部屋を閉め切ることなく僅かな空気の流れを作ってください。
 ◆昼、外出時光線が当たらない場所に置くのも良い方法です。

C花茎が伸びる時は十分な水分が必要
 ◆シンビジウムの花茎の伸びるとき、蕾から開花では多くの水分が必要です。
 ◆温度が高い時は水やりの間隔を狭めます。 
  しかし雨や曇天で肌寒い時は水やりを先延ばししても大丈夫です。
 ◆一年中葉が緑の植物(常緑樹)は、温度が高くなると温度に比例して水分を多く吸収し、
  低くなると逆に水分吸収が緩慢になり、生長が止まる低温になると水分は吸収しなくなります。
  鉢が置かれている室内の温度により、水やりを加減する必要があります。
 ◆晴天で室内温度は12℃から20℃の時は3日〜4日に1度水遣りをしてください。
  朝最低15℃で、昼は22℃位の範囲では2日〜3日に1度、8℃〜18℃位では3日〜5日に1度
  水遣りをしてください。
 ◆既に開花した鉢を1日中陽の当たらない所へ置く場合は、5日〜7日に1度の水やりで充分です。
 ◆厳冬期、外気がマイナスになったら3〜4週間に1度でも結構です。

いかがでしたでしょうか。
いくつかポイントがありますが、慣れれば日々の生活の中でうまく管理していくことができます。

ご不明なこと、ご心配なことがありましたら向山蘭園までお問い合わせください。
素敵なシンビジウムが咲きますように



posted by 蘭人 at 11:49| 山梨 ☀| Comment(0) | 洋蘭/シンビジウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。