2015年10月30日

シンビジウムのシーズンになりました

シンビジウムの花が深まりゆく秋を感じさせる候となってきました。 
既に花屋さんにはいくつかのシンビジウムが並んでいます。

向山蘭園では新品種開発の実生が咲きはじめ一喜一憂する毎日です。

大型、中型、小型、キャスケード、アーチと商品化されたシンビの幅広さは
多くあるラン科植物の中で際立っています。
花の大小、色の多様さと組み合わせると必ずや消費者の心を満たすスピリットが
存在すると確信しております。

シンビジウムから得られる美的快感を来年の4月頃までお楽しみください。

It has become the season of the Cymbidium flowering.
Cymbidiums make us feel fall deepens.

Cymbidiums have already been displayed in florists.
We spend the days being fluctuate between hope and despair
seeing the Cymbidium new flower Mukoyama developed at season.
Standard, intermediate, miniature, cascade, arch,
these variety types of Cymbidium are conspicuous in the many orchid genera.

We believe that you could be satisfied the attribute to a small & large flower,
a color diversity of many colors.

We would like you to enjoy some virtue from Cymbidium
until April of next year.
151030_blog.JPG
出荷前のシンビジウム


posted by 蘭人 at 15:35| 山梨 ☁| Comment(0) | 洋蘭/シンビジウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。