2016年02月18日

東京ドームにて世界らん展開催中です

第26回 世界らん展日本大賞においては、
弊社のディスプレイを多くの方にご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

ディスプレイでは、原種から現在の改良種までの流れを見て頂き、
Cym. insigne, tracyanum の役割等もご理解いただけたでしょうか。

シンビの改良が始まった1890年代から120年以上が経ち、
初代交配の原種は予想もできない花型・花色になっていますが
その改良種の中に、しっかりと遺伝情報を伝えていることを
ムコヤマは理解しています。

今後、憧れのシンビ作出を目指してムコヤマは努力いたします。
そのコンセプトは、今回のディスプレイのタイトルでもある「高遠なる審美の彼方」です。

さらに、
‘シンビデュームの美を追求していく先に素晴らしい世界が開ける’
‘Beyond Cymbidium beauty comes infinite possibilities of world beauty.’
 
‘シンビデュームの探求は果てしなく深遠なもの’
‘Beyond Cymbidium beauty possibilities are eternal’

それは‘Excellent Tomorrow’、ムコヤマの願いです。
らん展2016ブログ用.jpg
らん展2016ブログ用02.jpgらん展2016ブログ用01.jpg
ディスプレイの様子

suspireサスパイア_ブルーリボンブロンズメダル受賞72dpiあとで名前変える!.jpg
Cym.(Finger of Suspicion × Tsurugi)‘Suspire’
トロフィー賞

らん展は19日(金)までです。
どうぞ華麗で優美なランの世界、甘い香りのする東京ドームへ
出かけてみてはいかがでしょうか。
posted by 蘭人 at 11:52| 山梨 ☁| Comment(1) | 世界らん展日本大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

世界らん展日本大賞2016

いよいよ来週にせまってきました「世界らん展日本大賞2016」!!
(2月13日(土)~2月19日(金)東京ドーム)

向山蘭園は、個別部審査門・ディスプレイ部門・フレグランス部門の3部門に出展いたします。

ディスプレイ部門では、2つのシンビジウム原種・インシグネ(insigne)、
トラシアナム(tracyanum)から現在の改良花の流れを解説・展示いたします。

インシグネの一代交配・アレキサンデリー(Alexanderi Sir George Holford,1911)が
登録されてから105年、向山蘭園ではアレキサンデリーの再交配を行いながら
改良花を作出して参りました。

同じくトラシアナムの一代交配作出から、オレンジの大型品種、
ピンクの点花を作り出しましたが、この中からいくつか
展示いたしますのでどうぞお楽しみに!

向山蘭園ブースにお立ち寄りいただいたお客様には特典もございます!

さらに、世界らん展2016出展記念として下記4品種の
【オンラインショップ限定!記念セール】を、
2月7日(日)から、らん展終了後の2月23日(火)まで行います。
※発送は2/8(月)以降になります。

 ◆ミルトニア‘パティー’ 4号化粧鉢
 ◆彗星蘭  ‘ルージュマジック’ 4号化粧鉢
 ◆和蘭   ‘村雨’4.5号化粧鉢
 ◆テーブルシンビジウム ‘ゆめおと’ 4.5号化粧鉢

皆様のご来場を心よりお待ちしています!!

向山蘭園オンラインショップはこちら→https://www.mukoyama.jp/csmart/index.cgi
posted by 蘭人 at 14:38| 山梨 ☁| Comment(0) | 世界らん展日本大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする