2017年08月18日

和蘭を作った仲間たち「寒蘭〜カンラン〜」

寒蘭は、直立した葉姿と直立の花茎の凛とした姿、

猛禽類が地上の獲物を狙うような先鋭な花弁をしており、

見る人の気持ちを凛と引き締めてくれます。


個性ある寒蘭の中で際立つのが、デリケートな花色です。 


整った葉姿、花型、花色、各花の咲き方…と、

全体のバランスは他の東洋蘭と違った雰囲気を持っています。


寒蘭の学術名C. kanran Makinoは牧野富太郎博士が命名しました。


南インド、台湾、琉球諸島の800から1,800mの高地に幅広く自生しており、

日本の高知県、紀伊半島自生の寒蘭は特に有名です。


10月から3月にかけて開花し、花弁は細くて星形が多く、

淡い緑と茶褐色の花に二分されます。

前者を白花報才、後者を赤花報才と呼びます。


1963年、GravesによりCym. Loho(Cym. sinense x lowianum)

登録されたのが最初で改良の歴史は新しく、当社ではCym. Stanley Fourakerとの

再交配でCym. Buttons and Bows ’Yumechiyo’ 1985年に発表しています。

現在まで109の一代交配種がRHSに登録されています。


当社のCym. sinense交配、‘雨月’
2013JGPでベストフレグランスに選ばれており、
香りの良いラン作出にCym.  sinenseは使われています。

yumechiyo__72dpi.png Cym. Buttons and Bows ’Yumechiyo’

AY1012_ugetsu_72dpi.jpg ‘雨月’

posted by 蘭人 at 11:24| 山梨 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

春に集う Spring Gathering

160414_ブログ用 (1).JPG
160414_ブログ用 (3).JPG
桃華の下、花菜に囲まれ、花を生ける。忙中閑あり。
飯野学フラワー教室in塩山。
We arrange flower, Under the peach blossom, In the rape flowers,
Exactly relaxation off work.
Manabu Iino who is flower artist in Tokyo gives lesson in
flower arrangement in Enzan, Koshu, Yamanashi in the bracing April.

160414_ブログ用 (2).JPG
頭と手を休め、口と胃を働かせる。 
This is real relaxation after a tense time.
Enjoy chitchat and an appetite.

飯野 学
クリエイティブフラワーIINOオフィス 主催
企業ショールーム、ホテルなどのフラワーコーディネート
フラワーアレンジメント教室など幅広く活動
Tel:03-5726-9133



posted by 蘭人 at 09:57| 山梨 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

秋霖(しゅうりん)と蘭

今年は秋雨が早いですね。

なんと8月末から秋雨の兆候が表れ、9月第1週から秋雨前線という言葉が
使われようとは、思いもよらぬ足早な気象です。

このまま秋になるようだと、ランの株に影響が出ないかと心配になります。
秋霜烈日の刑を受けるような悪さをしたか、いい加減な志操破滅を繰り返したか、
我が足跡を思い返さずにはいられません。
 
いろいろ言っている時ではなく、ラン開花シーズンに笑顔を見せるには
ランへのダメージをいかに軽減するか考え、対策しなければなりません。

しかしまだ9月10月末までの1か月間に、より良い環境を与えることで、
花の数・サイズが違ってきます。
属、品種に合った管理を行いたいと思っています。

これから、彗星蘭、パフィオ、そしてシンビジウムと季節感のあるランが咲いてきます。
ランは多くの属があり多くの人の心を和ませ癒し、そして好奇心を満足させてくれる花。
来春が楽しみです。
オドント OR64.jpg
彗星蘭

1578.jpg
パフィオペディラム

シンビ_Cym_軽量 Aシリーズ AP986+2.jpg
シンビジウム
posted by 蘭人 at 10:01| 山梨 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする